スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科【創造的破壊プロジェクト】 4500円オフ
    0

      和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科 




      下記のサイトで購入すると最大4500円還元されます!
      和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科




      まずは、文化になる程強いインパクトのあるコンセプト、メッセージを確立する事。

      そして、そのコンセプト、メッセージをより多くの方に伝えて、巻き込んで行くこと。

      これだけです。

      あっけにとられて、拍子抜けしてしまう程、シンプルです。
      しかし、このシンプルな2つの要素が、決定的に欠けてしまっているのです。

      そして、多くの方は、これを一人で生み出すことが出来ません。
      シンプルがゆえに、非常に難しいのです。

      だからわたしたちは、多くの方が気がつかないこの「忘れ去られた視点」を、
      創造的破壊プロジェクトの中で、伝えてきました。

      例えば、わたしらは今、このページで、リストビルディング大百科という商品を通じて、
      「より良い見込み客の集め方」を提案しています。

      その中身は、今まで「リスト集め」という文脈では、語られてこなかった
      斬新で、ユニークで、パワフルな新しい考え方です。

      多くの方に欠落している視点を指摘しています。
      つまり、「世界の常識」の盲点を指摘し、浮き彫りにして、「新しい常識」を生み出そうとしているのです。

      このわたしらが伝えることが、業界の常識となったとき、
      それは1つの「文化」になったと言えるでしょう。

      わたしらが提案しているのは、つまり、こう言う事です。

      貴方にはおそらく、既存の常識やビジネス、商品よりも、
      その市場にいるお客さんにとっての「より良い提案」を持っているはずです。

      和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科

      「●●社の商品より、わたしたちの方がいいよ」と。

      商品とは常に、より良い提案(で、あるべき)なわけです。

      その、「より良い」と貴方が信じている自分のビジネスを、
      より、圧倒的にインパクトのあるコンセプトで、より広範囲にパワフルに届けていくこと。

      そこには、「貴方が世の中に伝えたいこと」が、絶対的に必要です。
      伝えたこともないのに、世間の人たちが、わざわざ足を止めて(ネットの場合は目をとめて)、
      貴方の話を聞きたいと思うわけが御座いません。

      これが、わたしたちが「マーケティングとは、文化創りである」と、言っている理由です。

      で・・・

      貴方が彼ら(お客さん)に伝えたいことは何ですか?


      ここまで、読んで、貴方はわたしらの言っていることに矛盾を感じているかもしれません。

      情報商材レビュー

      「徹底的に楽をしよう」

      この主張と、

      「ビジネスとは文化を創造する事である」

      という言葉からは、おそらく大きくかけ離れたイメージを連想すると思います。
      この2つのテーゼ(主張)は、まったくことにあるように見えて、実は同じなのです。

      混乱すると思うので、わたしらの伝えたいことを、整理しましょう。
      わたしらの言っている「楽をする」とは、言葉で表すなら、こう言う事です。

      「出来る限り短い時間で、出来る限り小さな労力で、
      大勢の人たちを巻き込んで、彼らの生活に新しい常識として
      「商品」や、「メッセージ」を浸透させ、“1つの文化”としてしまおう。」


      こう言う事なのです。

      ワガママにも程があるように思うでしょう。

      しかし、わたしらは現実に、実現可能なことなのです。

      「文化」というのは、通常何十年も、何百年も、かけて徐々に形成されていくものだと思うかもしれません。

      しかし、わたしらの時間は有限です。
      それに、本質的に「かけた時間の長さ」=文化として定着すると言う事にはなりません。

      ある工夫をする事で、短期間のうちに、強烈に業界の「古い常識」を塗り替えて、
      「新しい常識」=文化を生み出すことは可能なのです。

      謙遜を捨てて、はっきりと言い切ってしまえば、
      わたしも、原田さんも、今までに何度も、何度もこれらを「楽して」達成していますし、
      10億や20億といった、分不相応な売上を得ることが出来ています。

      アフィリエイトで稼ぐ方法

      結果、わたしらは、業界でも最年少クラスの「小僧」であったにもかかわらず、
      ずっと、業界の最先端をトッププレイヤーとして走りつづけることができたのです。

      (ちなみに、今現在で、わたしが24歳、原田さんが28歳です。
      お互い、今から6年前、わたしが17歳、原田さんが22歳のときに1億円を稼ぎだし、
      以来、ずっと成長を続けています。)

      そう、はっきり言わせてもらえば、たいがいのネットで稼いでいる人たちは、
      「雑魚」なのです。

      リストビルディング大百科 リストビルディング大百科 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科【創造的破壊プロジェクト】

      口が悪いですが、事実としておそらく、そうなのです。
      あくせく、日夜「情報」に振り回され、ちょっとした細かいニュースや、報酬画面に一喜一憂し、
      数千円、数万円単位の報酬で大喜び。

      で、現実、貴方の生活は、貴方の人生は、何か変わりましたか?
      何か、大切なものを忘れてしまっていませんか?

      【期間限定価格】海外マーケティング革命 パーフェクトモバイルトレジャー パーフェクトモバイルトレジャー

      そう、多くの方は、「楽をする」ことを目指してネットビジネスを始めるのですが、
      「徹底して楽をする事」も、「文化をつくること」もできていないのです。残念ですが。

      この、現実に目を向けなければいけません。


      正直にお話すると、わたしらというのは、
      自分の働きに対する対価として、圧倒的に多くのものを貰いすぎているのです。

      例えば、わたしらが「車を買いたいから1000万円位お小遣いが欲しい」と、何かのキッカケで
      思いついてしまった場合、実際に1000万円の“使えるお金”を稼ぐためにかかる作業時間は、
      ザックリと見積持っても、100時間程度です。

      100時間働けば、税金や経費等を差し引いた1000万円程の使えるお金を用意する事が
      出来るのです。

      時給に換算すれば10万円です。

      勿論、やりようや、時期等によっては、もっと短い時間で稼ぎ出すことも十分に可能です。

      20代そこそこの男が、100時間働く何て、何の苦でもないですし(苦笑)

      時給10万円ははっきり言って、分不相応だと思います。

      一般的なサラリーマンが稼ぐ生涯収入が約2億円程だと言われていますが、
      わたしらが2億円稼ぐのに必要な時間は、2000時間程度です。

      いや、実際には、1つのプロジェクトの規模が大きくなった所で、
      働く時間が増えるわけでは無いので、むしろ、1000時間位で達成出来てしまうかもしれません。

       


       

      これが経営者の宿命であり、醍醐味でもあります。

      時給がある程度固定されてしまっていては、
      単純に働く時間を増やすしか給料を増やす方法は御座いませんが、

      わたしらには「時間」という概念は御座いません。

      要求されるのは何時でも「結果」なのです。

      勿論、先程の100時間で1000万円も、企画がコケてしまえば、0円となるので、100%確実では
      御座いませんが、わたしらは過去6年間で、そこまで企画を大きく外したことは御座いません。

      結果が必ず出ることをリサーチする為の時間、も含めて、100時間程度です。

       

      posted by: list-building | 和佐大輔と原田翔太のリストビルディング大百科 | 14:57 | - | - | - | - |